診療時間

診療時間
08:30 - 19:30 -

定休日:日祝

•••08:30 - 13:00

完全予約制

【電話予約・お問い合わせ】

079-228-1659

慢性障害〜腸脛靭帯炎〜

sports

2023.04.15
  • スポーツの怪我
  • 慢性症状

【腸脛靭帯炎とは】

腸脛靭帯炎とは、別名『ランナー膝』とも言われ、膝の屈伸が多い人になりやすい慢性障害です。骨盤から膝外(ガーディー結節)に付着する『大腿筋膜張筋』が膝の骨との摩擦により、慢性的な炎症を引き起こしてしまします。

≪腸脛靭帯炎の原因≫

  • O脚(膝が外に張り出す為、靭帯と骨が擦れやすい)
  • 踵骨過回内(踵が内側に倒れている)
  • knee in(膝が内側に入ることで摩擦の増加)
  • 大腿筋膜張筋の硬さ(腸脛靭帯の硬さにも影響する)
  • トラック競技など、同じ方向へのランが多い(陸上だと外側になる右足にストレスが加わりやすい)

 

≪自宅でのセルフケア≫

  • アイシング:運動後は必ず行うようにしましょう
  • ストレッチ:大腿筋膜張筋・臀筋のストレッチ

※オススメのストレッチはこちらから

 

≪当院の治療≫

  1. 患部の炎症・痛みを抑える為に、超音波立体動態波マイクロカレントアイシングを実施
  2. 大腿筋膜張筋の緊張を抑えるストレッチ・過重をかけたリハビリテーション
  3. 痛みを引き起こす動きの癖を見つけ、再発予防の為のアスレティックリハビリテーションを実施します。
  4. 痛みをコントロールする為に、オーダーメイドインソールの処方も可能です。

スポーツの怪我や、慢性障害でお困りの際は、御気軽にご相談下さい。

 

姫路市北今宿 たか整骨院

アスレティックトレーナー中川

RECOMMENDおすすめ記事