診療時間

診療時間
08:30 - 19:30 -

定休日:日祝

•••08:30 - 13:00

完全予約制

【電話予約・お問い合わせ】

079-228-1659

~手根管症候群~

chronic

2022.02.01
  • 慢性症状

≪手根管症候群とは≫

手根管症候群は、手首にある横手根靭帯(屈筋支帯)によって正中神経(親指~薬指を曲げる神経)を圧迫する事によって、神経症状を引き起こす障害です。

←緑の部分に痺れが発生します。

≪手根管症候群の原因≫

  • 変形性関節症
  • 関節リウマチ
  • ガングリオン
  • 屈筋腱腱鞘炎
  • 脂肪腫
  • 透析によるアミロイド沈着
  • 骨折・脱臼後の変形

手根管症候群は、特発性(原因不明)に発生する事が多く、上記に該当しない場合も多々あります。

男性より女性に多く、閉経後に発生するケースが多くみられます。

 

≪手根管症候群の症状≫

  • 母子~薬指に痺れ
  • 早朝に症状が強く現れ、手を振ると軽減する
  • 手首を曲げる(ファーレンテスト)と症状が強く現れる
  • オッケーサイン(親指と人差し指)が出来なくなる

 

≪当院での治療≫

  1. 屈筋支帯の緊張を緩める為(温める)、超音波を行います
  2. 前腕屈筋の動きを改善する為に、ハイボルテージ立体動態波・手首の関節モビライゼーションを行っていきます。

手根管症候群でお悩みの方は、姫路市北今宿のたか整骨院にご相談下さい。

RECOMMENDおすすめ記事