診療時間

診療時間
08:30 - 19:30 -

定休日:日祝

•••08:30 - 13:00

完全予約制

【電話予約・お問い合わせ】

079-228-1659

スポーツ障害~脊椎(腰椎)分離症~

sports

2022.01.25
  • スポーツの怪我

≪脊椎分離症とは≫

脊椎分離症は、腰骨の本体(椎骨)と突起の部分で起こる疲労骨折を起こした状態です。思春期のスポーツをしている方に多く発症し、原因としてまだ骨化していない腰部に過度のストレスが加わる事で疲労骨折を起こしてしまう事が原因とされていたます。

≪脊椎分離症の原因≫

  • インナーマッスルの筋力低下(腹横筋)
  • 反り腰⇒脊椎分離症の方は、腰椎・骨盤前傾(反り腰)のケースが多い
  • 胸椎(胸のあたりの関節)・股関節の柔軟性が低下

~骨盤を前傾させる筋肉~

代表的な筋肉として大腿四頭筋(もも前で一番大きい筋肉)。この筋肉が硬くなる事で腰椎・骨盤が前傾し、分離症を引き起こしてしまう原因となります。

~胸椎・股関節の柔軟性が低下しているケース~

~正常な場合~           ~腰痛の方の場合~

胸椎:可動性(よく動く関節)   胸椎:安定性(硬くなってしまった関節)

腰椎:安定性(固定したい関節)  腰椎:可動性(よく動く関節)

股関節:可動性(よく動く関節)  股関節:安定性(硬くなってしまった関節)

腰痛の方の場合、胸椎・股関節周りの筋肉が硬くなる事で、柔軟性が低下し、安定させたい腰椎を必要以上に動かしてしまう事で症状を引き起こしてしまう場合があります。

 

≪脊椎分離症の症状≫

  • 長時間の運動・同じ姿勢での腰部の痛み
  • 腰を反る動作が困難

⇒神経症状として、筋力低下や痺れはあまり起こらない場合が多いです。

≪当院での治療≫

  1. 患部の痛みをまず抑える為に、超音波マイクロカレント立体動態波、急性期であればアイシングを行います。
  2. 症状を引き起こす原因を探す為に、姿勢の評価・脊柱(背骨)や股関節の柔軟性・筋力の評価を行い、原因を見つけます。
  3. ウィークポイントに対して、リハビリテーション(インナーマッスルの強化・柔軟性の改善)を実施し、再発防止を行っていきます。
  4. 痛みが軽減したら、再発予防のためにアスレティックリハビリテーションを実施し、予防トレーニングを行なっていきます

当院のYouTubeで、腰痛患者様でも出来るインナーマッスルのトレーニング動画を掲載していますので、良ければ見て下さい。

『1日5分‼︎』ぽっこりお腹をとる腹筋トレーニング【初級編】

『1日5分‼︎』ぽっこりお腹をとる腹筋トレーニング【中級編】

『1日5分‼︎』ぽっこりお腹をとる腹筋トレーニング【上級編】

脊椎(腰椎)分離量でお困りの方は、姫路 北今宿のたか整骨院にご相談下さい。

 

RECOMMENDおすすめ記事