診療時間

診療時間
08:30 - 19:30 -

定休日:日祝

•••08:30 - 13:00

完全予約制

【電話予約・お問い合わせ】

079-228-1659

スポーツ傷害~太ももの打撲(チャーリーホース)~

sports

2020.08.09
  • スポーツの怪我

~太ももの打撲(チャーリーホース)~

コンタクトスポーツでよくある「太ももの打撲」。

地域によって色々な呼び方(私の地域では、ももかん…と言っていました)があるようですが、医学用語では「チャーリーホース」と言います。

このチャーリーホース、ちゃんと処置しないと後々厄介な症状が残ってしまいます。

では、太ももの前(大腿四頭筋)で発生した場合でご説明します。

~重症度判定~

➀軽度:膝が90度以上曲がる。

②中等度:膝が90度も曲がらない。

③重症:膝が45度も曲がらない。

※③の場合は要注意です。筋肉の損傷(挫傷)が大きく、筋肉内で内出血が過剰に起きています。

そのまま放置すると、内出血した血液が骨化し、筋肉内に小さな骨のかけらが出来てしまいます(骨化性筋炎)。

長期間痛みが残る原因となるので、怪我をした直後の処置が重要になってきます。

~応急処置~

※患部をストレッチ(筋肉を伸ばす)しながら、アイシングを行ってください。

打撲によって損傷した筋肉は、グチャグチャになっています。ストレッチをする事で、損傷した筋肉をきれいに配列する事が可能です。

打撲=痛いところをストレッチ+アイシング

~当院での治療の流れ~

超音波治療

血腫を抑え、骨化性筋炎を予防します。

②患部のストレッチ・PNFストレッチ

損傷した筋肉の配列を調整し、可動域を確保しています。

マイクロカレント・立体動態波(電気治療)

痛みを抑え、回復を早めます。

https://taka0801.com/treatment/hi-voltage/

アスレティックリハビリテーション

患部の可動域・筋力の回復の為に、筋力トレーニングを中心としたリハビリテーションを行っていきます。

https://taka0801.com/treatment/athletic/

スポーツの怪我で困った時は、一度ご相談下さい。

たか整骨院

中川

RECOMMENDおすすめ記事